【さちまるがゆく】引け目や比較の意識で苦しくなった時の切り替え方




LAから最近、木魚で登場してくれるHappyDJ改め、さちまるDJ。
(最近はまたHappyDJに戻った模様)

 

「わたしはわたし、わたしはわたし、わたしはサイコー」

   

いつも笑わせてくれます。笑
(Happyちゃんの木魚は音からするとおそらく4寸かと思われます。笑)

LAに木魚を持って行ったことにも笑ってしまいます。笑

 

 

LAにダンス留学に行った、さちまるDJの意識の変化のシェア。
2019年2月6日~10日にかけてインスタライブでシェアしてくれた「引け目や比較の意識で苦しくなっちゃった時の切り替え方」。

 

めっちゃいい話聞いた!忘れたくない!と思ったので整理してまとめてみました。内容を整理するために順番を入れ替えているところがあります。ボリュームがあるのでその時に読みたい項目を目次から選んで飛んでくださいね!

アウェイの場所で感じる『引け目』の意識

久しぶりに比較の意識で苦しくなったさちまるさん。

LAダンス留学1レッスン目

マジで泣きそうで「完全に場違いやん、やめときゃよかった」という気持ちが出てきて、全然英語わからないし、先生が言うカンフーみたいなハー!ハー!とかいう声しか認識できなくて、後ろのほうで疎外感を感じながら、泣きそうになりながらやってた。

「比較の意識ってこんなに苦しかったんだ」というのを久しぶりに思い出した。

 

 

日本にいるときに自分が誰かと比べるという行為をもうしなくなってて、どこへ行っても圧倒されることなんてなくなってたけど、LAのダンスの空間では他人が頭の中にいっぱい入ってきて苦しくなってた。

「比較してる、自己卑下に入ってる」って自分に気づいてわかったから苦しさはなくなった。

 

周りを見回したら、みんな自分のダンスに夢中で自分の存在なんて誰も知らないし気にしていない。だからエネルギーが心地よかった。みんな内向いてる。

LAダンス留学2レッスン目

「2回目は絶対だれかに記録として動画を撮ってもらおう」て決めてた。

端っこの人に駆け寄って「プリーズ・ムービー」って言って携帯を渡して撮ってもらった。

その動画を見て、すぐに消したくなった。

ほんとに踊れてない・・・いやだー泣

すごい嫌な気分になって、帰ってホテルについて撮ってもらった映像を見てその動画を消したくなった。

こんなに動けてない自分がすごい嫌だ・・・

 

ネガティブになって「見たくないから消そう」と思って消すという行動を起こそうとしていることに気が付いた。(これに気が付けたのが良かった)

 

『何やってても可愛い』という意識の視点

愛ちゃんの娘の発表会の映像を見せてもらったことをふと思い出した。

 

 

えんちゃん(姉)と、あるちゃん(妹)が一生懸命踊ってた。えんちゃんは上手に踊ってたけど、あるちゃんはスゴイ顔して止まってた、踊ってない。
そのあるちゃんを見て「かわいい~😂💕💕超かわいいやん😭💕」って言って何回か見た。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ai Kabasawaさん(@aikabasawa_official)がシェアした投稿

 

 

そのときに、ちょっと待って?

自分ちの子供でもない、あるちゃんに対してこの気持ちが抱けるのに、なんで自分に対してその気持ちを抱けないのか、それがすごく嫌になった。

あるちゃんに対して 自分に対して

踊れてなくてムスッとした顔してて音楽に全然ノリきれても全くないのに
「めっっちゃかわいい💕」って
何回も見てる

踊れていない姿にジャッジメントして
「あぁ、もうなんかこんなの嫌だ」って
動画消そうとしている

 

 

そんな自分にマジで嫌気が差した。

自分も自分にそういう視点でちゃんと見たいと思って、それでその後、何回か踊ってる動画を見た。目をそらして消そうとしていた動画をじっくり見てみた。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

竹腰紗智/sachi takekoshiさん(@happy_official0904)がシェアした投稿

 

 

あるちゃんに抱いた気持ちになりたいと思って動画を繰り返し見た時の気持ちの変化

「ぜんっぜん踊れてない、もう何でこんなんなん?消してしまいたい・・・」
「頑張ってるやん・・・」
「一生懸命、海外まで来て初日で動画まで撮ってもらってるって、
よく頑張ったよあんた・・・」

 

「よく頑張ったよ・・・」って言葉がやっと自分の中からやっと出てきた段階で動画を投稿したら、コメントに自分があるちゃんの時に感じたようなコメントが入った。

娘見るようです

自分の子供が頑張ってる姿みたいで重ね合わせた

自分の内側が外に出たな、と思った。

『上手く行ってない自分は消し去りたい』という意識

「上手く行ってないから、そういう自分は消し去りたい」みたいなことってよくある気がしない?

でも子供とかが一生懸命やってる姿って、すっごいカワイイと思わない?

その視点で見れる気持ちが自分の中にあるのに、なんで一番大事な自分に対してそれが思えないのかっていうのが今回の大きな気付きだった。

視聴者の人が感動して泣いてくれたのは、私が自分の事を「よく頑張ってるやん、あんた偉いよ!」って見た状態でアップしたからそれがみんなに電波した。 目を背けたくて「こんなん嫌や」って思った状態では、もちろんアップすら出来ないとは思うけど、もしそれで投稿してた場合は、それが反映してくる。

 

最初の一歩目が一番見たい

もう一つの視点は、自分が他人を見る時に、「わたしだったら最初の一歩目が一番見たい」と思うタイプなので、出来上がって完成された作品も美しいなと思うけど、どちらかと言えば

マジで何にもできない一歩目の時の姿を見せてくれ

と思ってしまうタイプだから、自分のニーズに応えようという視点もあって投稿してみた。

 

他人のやつは、一歩目の挑戦に勇気をもらってそれが見たいって思うのに、いざ自分がその立場になると完成されたものしか出したくないという意識にいきなり切り変わってしまう。そんなことない。

だから自分の場所で同じような立場にいる方、他人に対して思える気持ちがあるなら、自分に対してもその気持ちはもちろん持てる!自分に対するネガティブなジャッジメントが出たら、

かわいい子供やペットを見てる時は

何してても可愛いな

と思える自分がいるのに、

なんで自分にはそれが思えないんだろう

ってまず疑問を抱いて、自分の姿を見てみぬふりをせず直視してみて、同じような気持ちになりたいと、同じように赤ちゃんやペットや子供とか「何してても可愛いよ」って思う気持ちやその見方を自分に対しても持ちたいという心を向けてみて。
そしたら自分に対する見方が変わってくる。
ちゃんと見ないと、目をそらしたくなる。

 

人はリアルな経過に自分もインスパイアされる生き物だから一歩目の姿を見たい物。もちろんパーフェクトな演技やパフォーマンスも素晴らしいけど、全然出来てなくて、でも一生懸命に自分の好きなものに向かっている姿が「よし、私も自分のために何かやってみよう!」って誰かのやる気スイッチを押す。

その時しかない、その一歩目の今というのは人類の宝です。旬です。

あなたの旬は今なんです。

だからそれを隠さず「カワイイやんわたし」と思って、ぜひシェアしてみてください。

そしたら沢山の人に謎に感謝されます。

 

 

だから、ブログのアクセス数がないとか、人気ブロガーじゃないと言って落ち込んでるそこのあなた!今が旬です。

自分に対して「何してても可愛い」と思えたら無敵

こどもや赤ちゃん、ペットを見るかのように自分のことを「何してても可愛いよ💕」って思えたら無敵

なんでもやってみたいこと、初めてのことをやろうとする気持ちをつぶさないで済む。

捉え方を変えたら、踊れていようが踊れていまいが一瞬で完全に満たされた気持ちになった。

そしたら、「出来ないから頑張る」じゃなくて「可愛い自分に旅させる」感じに次の日からなる。

 

 

動画消したい気持ちの自分のままで進んでたら、

  • 出来ない自分
  • 下手くそな自分

奥底にNGを抱えたまま鏡の前に毎日立つことになるので、ちょっと動きが上手くなってきたところでこのパターンでは気分良くはならない。
マインドひとつ、見かたひとつで、コロッと気分は変えることが出来る。

 

仕事、恋愛、初めて行くところ何にでも言える。

「何やってても可愛い」って思える意識は無敵。そもそもソース(=本当の自分、源)は初めからそうでその視点しか持っていない。それに抵抗を起こしているのは人間の意識っていうだけ。

「好きで始めたのに嫌いになっちゃった」というあるある

動画の姿を自分で毛嫌いしている状態だと、「今の自分がダメ、NG」の上に「上手くなりたい」って乗っかってて自分のことをそういう見方ができない状態で振りだけ上手くなっても

「もっと、もっと上手くならなきゃ。もっと上手くならなきゃ!もっと先生みたいに!!!」

って気持ちがどんどん湧いてきてしまって

「あれ?なんかダンスってやりたくてやってたのに・・・あれ??」

みたいになっちゃう。

 

「好きで始めたのに上手に出来なくて嫌いになっちゃった」っていうあるある。

 

 

視聴者さんのコメント:

できない自分を否定するのは当然だと思ってたけど、これって必要ない比較だったんだ

最初は苦痛を伴うのが当たり前って思ってたけど、そうじゃないんだ。どんな自分でも丸ごと受け止められたら、それだけで安心するんだね

 

これは今後の人生でも大きく左右してくる

これまでは(Happyちゃんの)ブログや瞑想は、一人で比較なくこもってジャッジメントなく出来るものだったけど、そうじゃないものも自分の世界にはあって、これからお芝居とかやりたいことが湯水のように湧いてきて色んな事を始めていくと思うけど、他人の中に存在して何かをやっていかなきゃいけないっていう時の始めの一歩で、「最初の自分を見たくない」という意識の切り替え方を分かってなかったら何やっても挫折しちゃってたと思う。

だから、それが体得できただけでもLAに来た意味があったなって思う。

 

あえてシェアするのをお勧め。プライドぽいぽい

SNSじゃなくても友達じゃなくてもいいけど、あえてシェアするのをお勧めします。なぜかというと、自分の中の余計なプライドがどんどんなくなっていくんですよ。守りたい体裁とかがなくなったとき、どうなると思いますか?自由を手にするでんすねー。

だって失敗していようが、転んでいようがいつものことなので

「また転んじゃったよ!」

みたいな感じになれたら自分がまず気が楽だし、見てる側も

「頑張んなよ☆」

みたいなスタンスでいれるけど、でももし

「転んじゃダメだ」

っていうプライド立ててたら自分がまずめちゃめちゃ苦しいし、それに対してダメって思ってるから、少し転びそうなもんなら外野の人たちが

「おい、おまえ転ぶぞ!」

って言って批判してくる。

余分なプライドは、ぽいぽいぽーい!

 

視聴者さんのコメント:

「嬉しい!何でもできそう!」

ホントにこれ、そーですよ!明日ダンス教室行ってなにやってもわたし可愛いもん!って自分のこと見るから、肩の力が抜けてただ楽しもう!みたいな感じ。

 

『形から入る』の意識

「私、新人なんで素人なんで、英語も全然わかんないですしぃ・・・!」

誰にもしゃべりかけられてもないのに、勝手にそういう波動とかエネルギーを出してたことに2日目の終わりごろに気が付いた。この意識、嫌だなと思ってウケた。

 

 

 

『じゃあ、この空間が自分の物、この空間と自分が一体化するためには、どうしたらいいのか?』って考えたら『ダンス出来る風の格好でちょっと存在してみよう。』

ウェアを買って、堂々といるっていうのをやってみた。

前日の「私なんかいんです、いんです」みたいな感じじゃなくて『意識を変えて!』みたいな。ウェアを着たことで少しでも意識が変わるようにウェアを変えてみた。

 

 

 

引け目意識を自分の格好から変えてみて

「ここにリラックスして存在する」という意識に変えてみよう。

そして実際着てみた。脱ぐときにお腹出てるのが恥ずかしいな、という躊躇が出た。

けど、誰も見ていない。

「はい、気にするな」ってやってみた。すると自分の中の感覚が変わった。

『形から入る』が上手く行かないのは『前提』が違う

「形から入る」をやって上手く行ったためしがなかった。なぜ?

それは『前提』が違うから。

上手く行かないときの『前提』

形から入る=上手くみせる自分でいたい

上手い人に見られたい。だからウエアから入る。形から入る。このケースは意味がなくむしろ気負って足かせになる。「こう見られたいから形から入る」というやり方。「カッコよくみられたい」など。

そうすると、その形に意識を取られてがちがちになる。

 

上手く行くときの『前提』

形から入る=引け目意識を変えたい

着ている物を変えて自分の意識を変えていこう。「自分の意識を変える」ため。他人が入っていない。他人と比べてどうか、とか他人からの見られ方とか全く関係なく

「自分がこの空間に引け目なく、だって自分が作った世界なんだから『自分の世界だ!どすん!』て居たい。そのために何か出来ることないかな?あ、ウェア変えてみよ!」

 

これまでのやり方と意識の方向の向けどころが違う。これまで沢山「形から入る」てやってきた。これまでは全部「こう見られたいから形から入る」というやり方だった。そうすると、その形に意識を取られてがちがちになって、、という感じ。

今回は「カッコよくみられたい」とか全く考えずに「引け目意識はなんなんだ!」という入りだった。

引け目意識を修正していこう!

引け目意識は変ということに気が付いた方がイイ。

自分の意識が創りだした世界に自分がただいるだけ。

自らのパワーが創り出したものに引け目を感じてそこに存在しなきゃいけないって

変だからやめよう。それはおかしなことだ。

「自分が創り上げた世界」しか目の前にないのに、なんでそこに引け目を感じなければいけないのか。それってよく考えたらおかしい。引け目意識は、真実とかけ離れている意識だからすごくネガティブになる感情なはず。そんな真実じゃないことを思い込んでるから「おい、おい、それ間違ってるよ」ってソース(=本当の自分)がネガティブな感情で警告を鳴らしてくる。

 

 

視聴者さんのコメント:

「自信があるとかないとか決めるのはおこがましいよね。」

私も、ダンスに関しては自信なんてサラサラない。意識を変えたらイイだけ。

自分が創ったから目の前にその空間が存在している。なのにその空間に存在している自分に対して「この場所にいる私なんて~涙」なんてやるのは、マジでおかしい。

1個ずつ見つけて、体感を変えることで意識を変えよう!

 

 

踊れてないけど3日目にして引け目意識が全くなくなって、場のエネルギーは物に出来た。

それが嬉しい。

 

引け目ぽいぽい。プライドぽいぽい。

 

 

 

2月10日

ソーサーさんに基礎を教えてくれる教室に誘ってもらったのでそっちへ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

竹腰紗智/sachi takekoshiさん(@happy_official0904)がシェアした投稿

おまけ:さちまるDJが行ってるダンススクールはマジですごい所

Happyちゃんが行ってるミレニアムは歴史ある本当にすごいスタジオで、かつてミレニアムの壁が白かった頃(今は赤い壁が目立つ)、ブリトニースピアーズがCMのリハーサルをここで行ったりしていました。こちらは、その映像です。0:20ごろから黒い帽子をかぶったブリトニーも踊っています。

 

ミレニアムで行われたこのリハーサルは、ペプシのCMのリハーサルで出来上がったのがこちらです。

本当に世界的に有名なダンススタジオに、さちまるちゃんは通っているようです。

 

 

LAまで行かないにしても、有名なダンススタジオじゃなくても、ダンスが好きな方は東京ダンスヴィレッジ みたいな初心者向けのダンススタジオをとかあるので、そちらで始めて見るのもいいですね。