自分の中にマイ執事を登場させ瞑想したら、統合が起きた話




2019年1月16日

 

Happy DJのインスタの朝瞑想で、瞑想ではなく自己対話の仕方を1時間話した日がありました。(2019年1月10日)

 

『自分執事を育てよう』という話で先日、その内容を書き起こしたのですが、私個人(当館管理人F)にとってはこの効果が素晴らしく、これまで私個人には起こらなかったことが起こったので記事にしようと思いました。一度『自分執事(マイ執事)』の概念を知った上で読んで頂けると内容が伝わりやすいと思います。この概念は、Happyちゃんのファンではなくても、内観に興味がある方はメリットが多いと思いますので是非。

瞑想でなにが起こったか

執事の概念を取り入れた次の日、1月11日のHappy DJの朝瞑想の時のことです。

簡潔に何が起こったか言うと、お腹のエネルギーが「鍵が開いたように開いた」ということです。
(黄色のチャクラ周辺↓)

これ以上ないくらいのエネルギーが身体の中心から流れだし、心地よさが溢れた、という体験をしました。統合(=自分と結婚式)が起こり、全身で自分を愛せているのが分かりました。おそらくこの日、「マイ執事」の概念を理解したあとの瞑想で似たような体験をされたかたも多かったのではないでしょうか。

「巻き物を手に入れた!という感じ」とHappy DJが言っていましたが、その通りだと思います。

 

それで今回そのような体感を得られた経緯について、その感覚を忘れたときのためと、整理されることで自分の経験がどなたかの役にも立てるかもしれない、と思い整理してみました。

 

この瞑想で似た体験をされた方も、「執事」の概念を飲み込んだときのように、左脳で一旦分析することで、その状態を思い出しやすくなるのではないかと思います。私の体験をご自身に投影して分析の材料にして頂けると幸いです。

 

では、どうぞ~☺

呼吸で自分と繋がる

瞑想前の「もっと吸って呼吸」の時に、こんな説明がありました。

12:08~(説明部分から再生が始まります↓)

 

 呼吸について

呼吸は執事とのコミュニケーションをとるひとつのツール。

自分の中の執事と一体化、同化、もっとコミュニケーションをとるためのツール。

自分の中の大切な存在と深くハートで繋がるようなイメージで意識をハートにおいて、大事な執事を思い浮かべて、吸って、吐いて、吸って、吐いて、、、

自分のエネルギーが執事に回り、

執事のエネルギーが自分に回ってくる。

2人の中でエネルギーの循環が起きている。

そんなイメージで。

 

5分程度呼吸の時間がとられ、この前提で呼吸をしていると、とても気分が良くなりました。そこに「喜びがある」という感じの気分の良さが広がりました。

 

以前、「肉体の自分」と「ハイヤーセルフの自分」との呼吸の循環を瞑想中にイメージする際、「自分の体を外からみている自分」という感じでやっていた時は、それをイメージする段階で左脳を使い、すごく疲れ、それをやりたくないので瞑想をやらない日もあったのですが、『執事』という概念ができたことでとても容易に心地よくハイヤーセルフとの呼吸、エネルギーの循環をイメージできるようになりました。それも『執事』という概念の大きなメリットのひとつになりました。

エネルギーの鍵が開いた瞑想

「私が主体」であることを意識するために、こちらを声に出して復唱しました↓

私が私の人生の唯一の創造主である

私が私の人生の唯一の創造主である

私は宇宙の無常の幸福が私に流れるのを許可します。

 

深い呼吸と 自身の存在に意識を向け、

瞑想スタート。

通常のセリフが始まります。

 

 

この後、エネルギーが2段階で開いていきます。

※3段階まで記述がありますが、3段階目は「開く」と言うよりは2段階で開ききったエネルギーに親しむ感じでした。

第一段階 – 自分の中心へ近づく

呼吸と共に深く自分の体内に入り、大いなる光に出会い、その暖かさを感じながら光に溶けていき、さらに自分と同化した内側の光が、肉体から外へあふれ出るイメージをするよう誘導があったあと、

ここで自分の本心に、自分の中心に近付いて行きます。

本当は、本当は・・・

わたしの本当は・・・

 

わたしは本当は、こう思っている。

本当は、こう感じている。

あの時、本当はこう感じてた。

 

自分の中の奥深くに眠っている本音。

本当の音を聞いていきます。

 

あなた一人の存在ではありません。

あなたの内側にもう一人強力なパートナーがいます。

二人で手を取り合って、その大事な気持ちを見つけていきましょう。

 

すべての制限や枠を取っ払って

なんにも関係なかったら、私は本当は、これがいい

35:03~(本音に近付く部分から再生が始まります↓)

 

「あなた1人の存在ではない」と言われたときに、絶大な安心感が芽生え、小さい頃に両親に感じていた安心感に似たものを執事に感じ、執事の存在に感謝が生まれました。

「なんにも関係なかったら」のHappy DJの言い方にも心が震え、本音の周りにある卵の殻をむくような、砂をかき分けるような気持ちになりました。

 

第二段階 – 統合

5分ほど静寂の時間をとったあとHappy DJが声を発し始めます。

下↓に活字で表記してありますが、ここはぜひHappyちゃんの声で聴いてください。

まるで自分自身が声を発しているかのように、声に魂が宿っています。

41:52(そのセリフの所から再生が始まります。↓)

この言葉に統合を誘導されました。

では、その自分の中の大事なパートナー。

その存在に声をかけて行きます。

 

これから、もっと深く会話をしましょう。

たくさんコミュニケーションをとりましょう。

何かあれば、あなたに一番に報告します。

悲しくなったらあなたに励ましてもらいます。

 

今まで存在に気付かずにごめんね。

 

この先、ずっと永遠に手を取り合って私という存在を一緒に楽しんでいきましょう。

 

私はあなたのことが大好きです。

これまで分離していた、無視していた自分との仲直り。

ここで統合が起こり、第3チャクラの鍵が開き、エネルギーが溢れだしました。

チャクラ周辺が暖かく、大きな光が放射状に広がり、明らかにそこに何かあると認識できました。

本当にこんな感じ↓の光がチャクラ辺りに広がり始めました。

とても心地よい愛を感じ、ずっとそこにいたい、という感じです。

 

ご存知の方も多いとは思いますが「統合を繰り返すと覚醒に近付き」ます。

第三段階 – エネルギーに親しむ

私がずっと追い求めていた答えは

私がずっと欲しかった存在は

私が頼りたかった神様は

無限の宇宙は

すべて自分の中にあったことに気付きます。

 

答えも存在も神も宇宙も

すべて、わたしのに存在しています。

 

わたしはわたしを愛しています。

わたしは自分を愛しています。

49:38~(この部分から再生が始まります↓)

この言葉で、本当の自分の中心から来るエネルギーに親しんだ、という感じでした。

「はじめまして」または「ひさしぶり」だった自分の中心エネルギーと仲良く過ごした、そういった感じです。

ありがとうマイ執事

 

これまで、自分で自分を責めていたり罵倒していたりするときがあるな・・・というところまでは気付いていたのですが、『マイ執事』という概念で今回、完全に擬人化し自分の中に別人格として認識することで、それまで混ざっていた「自分の本心自分を否定する声を分けることが出来る!!」と思い、概念を聞いただけでも感動しました。

「鍵が開いた」を振り返る

記事の途中「鍵が開いた」と表記した部分がありました。

常にではないですが瞑想していないときも至福感を感じることが時々あります。

この記事をまとめている間、どんな感じで開き、エネルギーが溢れたかを言語化しようと1月11日の瞑想の動画の音声を聞きながら書いていました。その間もエネルギーがあふれ出し、「目を開いて、何か作業をしていても」その状態になれるのだということに気が付き、そのことに喜びを感じています。

最後に

1月10日の夜、寝る前にチャクラカラーの光を大きくするイメージをしながら眠りについたことがチャクラの鍵が開いたことに関係してるかもしれないとも少し思いました。

『執事』の巻き物を手にいれたので、統合を繰り返し、目標の覚醒までたどり着けたら、と思っています。

これから人生が変化していくかもです。

 

統合の起こり方は人それぞれのやり方があるとは思いますし、ごく普通の私に起こったことであったとしても、シェアすることで集合意識に小さな一石を投じることが出来たならなと思い記事にしました。

 

ちょっと余談ですが、第一段階の「なんにも関係なかったら」の声と、第二段階の太字部分の声を聴いて『Happyちゃんお芝居したら凄そう』なんて思いました。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!